配偶者の離婚の兆候にはいくつかの特徴があります。

 

まず、やたら外泊が増えたり、休日に1人で出かける用事が急に増えたら注意が必要です。

 

休日のお出かけは仕事が繁忙な場合もあるかもしれませんが、今まで無かったのに突然外泊が増えるのは浮気など怪しい理由があることがほとんどです。

 

また、金銭の使い方が荒くなったり、秘密にすることが増えるのも兆候の一つと言えます。

 

今まで隠すことが無かった金銭の使い道を、何となく隠すようになったりしたら要注意です。何か言えない理由や使い道があるかもしれません。

 

今までより持ち物や身に着けるものが突然好みが変わったり、こだわり始めるのも怪しいサインです。

 

今まで着なかったタイプの服を着るようになったり、全く気にしなかったのに急に下着に拘ったりします。

 

これら、外見的な兆候が表れ始めると、だいたい本人の態度は素っ気なく冷淡になるか、不自然に親切になるかのどちらかです。

 

どちらにしても、今までと違う行動や態度を見つけたら、腹立たしく問い詰めたくなる気持ちになりますが、ここでは冷静になることが大切です。

 
まずは一方的には責めず、相手をよく観察することが必要です。

 

精神的には大変辛い作業ですが、感情を一先ず置いて、冷静に相手の行動を見ることで、怪しい兆候が危機的なものか、そうではないかを見極めることができます。