いま、離婚をする夫婦がとても増えています。

 
これは、やはり時代を反映していることもありますが、その原因としては性格の不一致が1番多いようです。

 
しかし、忍耐力が減っているということもありますので、これはもうしょうがないです。

 
そして、不倫であったり、DV、ギャンブル、お酒、このあたりはいつの時代もあることです。

 

 

しかし、別れることになる前にそこには危機を感じるときがあるはずです。

 
その危機が迫っているという状態は、まず相手といても嫌な空気にしかならないということ、会話がないということから始まっていうようです。

 
嫌いでも、会話をしているうちはまだましです。

 
しかし、会話が全くないという状態になるとかなり厳しい状態になっています。

 

 

今までしていてくれたことをしてくれなくなったというのはどこの夫婦でもあることです。

 
たとえば夫の帰りを待っていた妻が、先に寝るようになってしまったとか、
帰るコールをしていた夫がしなくなったとか。

 
色々ありますが、やはりそれでもこれだけは譲れないというルールはなくなってしまう前に話し合って決めておく必要があります。

 
子供がいると、別れる確率が少し減りますが、子供がいなくてこうなってしまう前に、何か対策が必要です。